不動産売買の仲介手数料無料|オヤスク.com > お役立ちコラム一覧 > 新築と中古どちらがいいの?

新築と中古どちらがいいの?

≪ 前へ|ブラックリストに載ったら住宅ローンは借りられない?借りる方法があるのかを解説‼   記事一覧   【2024年版】新築購入の最新トレンドをご紹介‼|次へ ≫

新築と中古どちらがいいの?

カテゴリ:新築購入

皆さんこんにちは!オヤスク.comです。
今回は、足立区・葛飾区を中心に城東エリアでの新築購入をお考えの方に、新築戸建てと中古戸建てどっちのがいいの?という疑問を解決していきたいと思います。
これからマイホームを購入する方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

新築購入のお問合せはコチラから↓
「オヤスク.com」なら仲介手数料最大無料!


【新築戸建てと中古戸建てどちらが売れてる?】

新築戸建てと中古戸建て、どちらが売れているのかは、時期や地域によって異なります。

最近の傾向

近年は、中古戸建ての方が売れている傾向があります。

理由

  • ・価格の安さ
  • ・駅近など立地の良さ
  • ・築年数の比較的新しい物件が多い

新築戸建てが売れているエリア

  • ・都市部
  • ・ファミリー層が多いエリア

中古戸建てが売れているエリア

  • ・郊外
  • ・駅近など利便性の高いエリア

購入者のニーズ

  • ・価格重視
  • ・利便性重視
  • ・すぐに住みたい

今後の見通しは?

今後もしばらくは、中古戸建ての方が売れる傾向が続くと予想されます。

その理由を解説していきます。

中古戸建てが選ばれる理由は、主に以下の5つです。

1. 価格の安さ

新築戸建てに比べて、中古戸建ては価格が安いことが最大のメリットです。築年数や立地条件にもよりますが、新築戸建ての半額以下で購入できる物件も多くあります。


2. 駅近など立地の良さ

中古戸建ては、駅近など利便性の高いエリアに物件が多いことも魅力です。新築戸建てでは、駅近の物件は価格が高く、予算的に難しい場合があります。


3. 築年数の比較的新しい物件が多い

近年は、築年数が10年以内の中古戸建ても多く市場に出回っています。築年数が古い物件は、修繕費用が必要になる可能性がありますが、築年数の新しい物件であれば、修繕費用を抑えることができます。


4. すぐに住める

新築戸建ては、購入してから完成までに時間がかかります。一方、中古戸建ては、購入すればすぐに住むことができます。


5. リフォームで自分好みにできる

中古戸建ては、リフォームで自分好みに改修することができます。新築戸建てでは、間取り変更など大きな改修は難しい場合があります。




コチラの記事も読まれています|新築購入|家探しをする前に知っておこう!




【中古戸建てを選ぶ際の注意点】

  • ・修繕費用
  • ・立地条件
  • ・築年数
  • ・周辺環境

などを考慮しましょう。



【新築戸建てと中古戸建てそれぞれのメリット・デメリット】

新築戸建てと中古戸建て、どちらを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。それぞれメリットとデメリットがあり、最適な選択は個人の状況や希望によって異なります。

新築戸建てのメリット

  • ・最新設備
  • ・最新の建築基準
  • ・自由な間取り
  • ・アフターサービス

新築戸建てのデメリット

  • ・価格が高い
  • ・立地条件が悪い場合がある
  • ・完成までに時間がかかる

中古戸建てのメリット

  • ・価格が安い
  • ・駅近など立地の良い物件が多い
  • ・すぐに住める

中古戸建てのデメリット

  • ・設備が古い
  • ・修繕費用が必要になる場合がある
  • ・間取り変更が難しい


【新築戸建てがおすすめな方】

  • ・最新設備や最新建築基準にこだわりたい方
  • ・自由な間取りで家を建てたい方
  • ・アフターサービスを受けたい方

【中古戸建てがおすすめな方】

  • ・価格を抑えたい方
  • ・駅近など立地の良い物件に住みたい方
  • ・すぐに住みたい方

判断のポイント

  • ・予算
  • ・立地条件
  • ・家族構成
  • ・ライフスタイル







【家を買おうと思った時にやることは?】

家を買おうと思った時にやるべきことは、大きく分けて以下の5つのステップがあります。

1. 情報収集

  • 予算を決める→家を買うには、頭金や諸費用、住宅ローン返済など、様々な費用がかかります。無理のない範囲で予算を決めましょう。

  • 希望するエリアを決める→通勤や通学、買い物などの利便性を考慮して、希望するエリアを決めましょう。

  • 希望する間取りや広さを決める→家族構成やライフスタイルに合わせて、希望する間取りや広さを決めましょう。

  • 住宅ローンについて調べる→住宅ローンには、様々な種類があります。金利や返済方法などを比較して、自分に合った住宅ローンを選びましょう。

  • 不動産会社を選ぶ→複数の不動産会社を比較して、自分に合った不動産会社を選びましょう。

2. 物件探し

  • インターネットや不動産会社で物件を探す
  • 内見する
  • 周辺環境を確認する

3. 購入申し込み

  • 購入申し込みをする
  • 重要事項説明を受ける
  • 住宅ローンを借りる→住宅ローンを借りる場合は、事前審査を受けておきましょう。

4. 契約

  • 売買契約を結ぶ
  • 金銭の支払い

5. 引っ越し

  • 引っ越し手続きをする
  • 入居

6.その他
  • 家を買うには、様々な手続きが必要です。わからないことがあれば、専門家に相談しましょう。
  • 家は高額な買い物です。慎重に検討して、納得のいく買い物をするようにしましょう。








【買ってはいけない中古戸建てとは?】

買ってはいけない中古住宅とは、購入後に後悔する可能性が高い物件です。具体的には、以下の特徴を持つ物件が該当します。

土地・敷地

  • ・災害リスクが高いエリア
  • ・地盤沈下や液状化現象が発生したことがあるエリア
  • ・水はけが悪いエリア
  • ・空き家が多く管理が行き届いていないエリア
  • ・治安が悪い地域
  • ・隣家との境界線が曖昧
  • ・駅からの距離が遠くて利便性が悪い
  • ・再建築不可の土地

建物

  • ・建築基準法に違反している
  • ・家が傾いている
  • ・雨漏り
  • ・シロアリの被害
  • ・旧耐震基準で耐震補強ができない
  • ・建物に亀裂が入っている
  • ・増改築が違法
  • ・修繕費用が大きい

その他

  • ・売主が信頼できない
  • ・重要事項説明が不十分
  • ・価格が不当に安い

上記の特徴を持つ物件を購入すると、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 災害が発生して家が被害を受ける
  • 地盤沈下によって家が傾き、住めなくなる
  • 雨漏りやシロアリ被害によって家が傷む
  • 地震で家が倒壊する
  • 修繕費用がかさむ
  • 近隣トラブルが発生する
  • 売主に騙される

中古住宅を購入する際には、これらの特徴に注意して、慎重に検討することが重要です

判断のポイント

  • ・不動産会社に相談する
  • ・専門家に調査を依頼する
  • ・自治体に情報を確認する

上記のポイントを踏まえて、新築戸建てと中古戸建てのメリット・デメリットを比較検討しましょう。




【まとめ】
新築戸建てと中古戸建てどちらを購入するかを一番左右するのは、「予算」だと思います。
しかし、予算だけを重視すると、中古住宅の場合は様々なデメリットのあることを覚えておきましょう!

私たちオヤスク.comでは、足立区、葛飾区を中心に城東エリアの新築購入を仲介手数料最大無料で承っております。webサイトで24時間受け付けているのでぜひぜひお気軽にご相談ください!
オヤスク.comで新築戸建てをお得にgetしよう!

≪ 前へ|ブラックリストに載ったら住宅ローンは借りられない?借りる方法があるのかを解説‼   記事一覧   【2024年版】新築購入の最新トレンドをご紹介‼|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

気になる物件が