不動産売買の仲介手数料無料|オヤスク.com > お役立ちコラム一覧 > ブラックリストに載ったら住宅ローンは借りられない?借りる方法があるのかを解説‼

ブラックリストに載ったら住宅ローンは借りられない?借りる方法があるのかを解説‼

≪ 前へ|新築購入|家探しをする前に知っておこう!   記事一覧   新築と中古どちらがいいの?|次へ ≫

ブラックリストに載ったら住宅ローンは借りられない?借りる方法があるのかを解説‼

カテゴリ:住宅ローン



皆さんこんにちは!オヤスク.comです。
今回は、足立区・葛飾区を中心に城東エリアでの新築購入をお考えの方に、ブラックリストに載ったら住宅ローンは借りれないのかについて解説していきます。
これから住宅ローンを組む予定の方は一度目を通してみてくださいね。

新築購入のお問合せはコチラから↓
オヤスク.com」なら仲介手数料最大無料!




ブラックリストに載ったら住宅ローンは借

りられないのか?


住宅ローンは、多くの人にとって人生最大の買い物であるマイホーム購入を実現するための重要な資金調達手段です。しかし、過去に金融事故を起こし、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまった場合、住宅ローンは借りられないのでしょうか?

**結論から言うと、ブラックリストに載っていても、住宅ローンを借りられる可能性はゼロではありません。**ただし、いくつかの注意点があり、通常の審査よりも厳しい条件となることは覚悟する必要があります。


1. ブラックリストとは?

ブラックリストとは、正式名称は「信用情報」といい、過去に金融事故を起こした人の情報が記録されているものです。金融事故には、以下のようなものがあります。

  • ・クレジットカードの支払い遅延
  • ・ローン返済の遅延
  • ・債務整理

これらの情報は、5年間~7年間記録され、金融機関は融資の審査を行う際に参照します。



2. ブラックリストに載ると住宅ローン審査はどうなる?

ブラックリストに載っていると、住宅ローン審査で以下の点に影響が出ます。

  • 審査基準が厳しくなる: 通常よりも厳しい基準で審査されます。
  • 審査に通る可能性が低くなる: ブラックリストの内容によっては、審査に通らない可能性もあります。
  • 借りられる金額が減る: 借りられる金額が少なくなる可能性があります。
  • 金利が高くなる: 金利が高くなる可能性があります。









ブラックリストに載っていても住宅ローン

を借りる方法:詳細解説


1. 時間を待つ

ブラックリストの情報は、5年間~7年間で消去されます。そのため、時間が経てば、審査に通る可能性が高くなります。

ただし、5年~7年という長い期間待つ必要があり、その間も家賃を払い続けなければならないため、現実的ではない場合もあります。

2. 債務整理をする

債務整理によって、借金を減額したり免除したりすることができます。債務整理が完了すれば、ブラックリストの情報も消去されます。

しかし、債務整理は信用情報に傷がつくため、住宅ローン以外のローンやクレジットカードの審査に通

3. 連帯保証人を付ける

信用度の高い連帯保証人を付けることで、審査に通る可能性が高くなります。

連帯保証人は、借り主が返済できない場合に代わりに返済する義務を負います。そのため、信頼できる人にお願いする必要があります。

4. 専門家に相談する

住宅ローン専門のファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することで、アドバイスを受けることができます。

専門家は、個々の状況に合わせて、最適な解決方法を提案することができます。



コチラの記事も読まれています|新築購入|家探しをする前に知っておこう!



ブラックリストにならないようにするに

は?


ブラックリストにならないようにするには、以下のようなことに注意しましょう。

  • 金融機関との約束を守る: 支払い期日を守り、滞納しないようにする。
  • 借り入れは計画的に行う: 自分の返済能力に見合った借り入れを行う。
  • 信用情報を定期的に確認する: 自分の信用情報が正しく記録されているか確認する。




ブラックリストと住宅ローン審査のポイント


  • ブラックリストの情報: 記録期間、内容
  • 住宅ローン審査基準: 金融機関によって異なる
  • 金利: ブラックリスト情報は金利に影響
  • 事前準備: 情報収集、専門家への相談




コチラの記事も読まれています|マイホーム購入の強い味方!住宅ローン控除を解説!



ブラックリスト克服のための具体的な行動


  • 返済計画: 計画的な返済
  • 相談: 金融機関、専門家
  • 信用情報開示: 記録内容確認
  • 誤情報の修正: 誤情報の訂正



住宅ローンを組むときに、ブラックリスト

に載った場合のデメリット


住宅ローンを組む際にブラックリストに載っていると、以下のデメリットがあります。

1. 審査に通らない可能性が高い

ブラックリストは、過去に金融事故を起こした人の情報が記録されているものです。金融機関は、住宅ローン審査において、この情報


2. 審査に通っても、厳しい条件になる

ブラックリストに載っていても、審査に通る場合もあります。しかし、その場合は、以下の厳しい条件となる可能性があります。


  • 借りられる金額が減る: 希望する金額を借りられない可能性があります。
  • 金利が高くなる: 通常よりも高い金利で借りることになる可能性があります。
  • 返済期間が短くなる: 通常よりも短い期間で返済しなければならない可能性があります。


3. 連帯保証人を求められる

ブラックリストに載っていると、連帯保証人を求められる場合があります。連帯保証人は、借り主が返済できない場合に代わりに返済する義務を負います。


4. 住宅ローン以外のローンも借りられない

ブラックリストに載っていると、住宅ローンだけでなく、自動車ローンやクレジットカードなどのローンも借りられない可能性があります。


5. 信用情報に傷がつく

ブラックリストの情報は、信用情報に記録されます。信用情報に傷がつくと、賃貸物件の契約や就職活動にも影響が出る可能性があります。


6. 解消までに時間がかかる

ブラックリストの情報は、5年間~7年間記録されます。そのため、ブラックリストから解除されるまで、長い期間待つ必要があります。


7. 解消しても審査に通るとは限らない

ブラックリストから解除されても、必ずしも住宅ローン審査に通るとは限りません。過去の金融事故の内容によっては、審査に通らない可能性もあります。


8. 専門家への相談が重要

ブラックリストに載ってしまい、住宅ローンを組みたい場合は、早めに専門家に相談することをおすすめします。

専門家は、個々の状況に合わせて、最適な解決方法を提案することができます。



まとめ

ブラックリストに載っていても、住宅ローンを借りられる可能性はゼロではありません。しかし、いくつかの注意点があり、通常の審査よりも厳しい条件となることは覚悟する必要があります。

ブラックリストにならないように日頃から注意し、もし載ってしまった場合は、早めに専門家に相談することをおすすめします。


私たちオヤスク.comでは、足立区、葛飾区を中心に城東エリアの新築購入を仲介手数料最大無料で承っております。webサイトで24時間受け付けているのでぜひぜひお気軽にご相談ください! 新築購入を考えている物件が仲介手数料無料になるか確認したい方はこちらから!

≪ 前へ|新築購入|家探しをする前に知っておこう!   記事一覧   新築と中古どちらがいいの?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

気になる物件が