不動産売買の仲介手数料無料|オヤスク.com > お役立ちコラム一覧 > マイホームの維持費はどれくらい?維持費の目安をご紹介!

マイホームの維持費はどれくらい?維持費の目安をご紹介!

≪ 前へ|新築購入の資金計画とは?諸経費はどれぐらいかかるのか、アナタはいくら借りれるのかを解説!   記事一覧   【2025年義務化】省エネルギー住宅とは?|次へ ≫

マイホームの維持費はどれくらい?維持費の目安をご紹介!

カテゴリ:新築購入

皆さんこんにちは!オヤスク.comです。
今回は、足立区・葛飾区を中心に城東エリアでの新築購入をお考えの方に、マイホームの維持費はどれくらいかかるのかをご紹介致します。
新築購入をお考えの方は是非この記事を参考にしてみてくださいね!

新築購入のお問合せはコチラから↓
「オヤスク.com」なら仲介手数料最大無料!


木造住宅の維持費
1. 木造住宅とは?
木造住宅とは、柱や梁などの主要な構造部を木材で構成した住宅です。
日本では、古くから木造住宅が主流であり、現在でも多くの住宅が木造で建てられています。

2. 木造住宅の特徴
木造住宅には、以下のような特徴があります。
軽量:鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて軽量なため、地震に強いというメリットがあります。
加工性:木材は加工性に優れているため、自由な設計が可能です。
調湿性:木材は調湿性に優れているため、室内の湿度を快適に保つことができます。
断熱性:木材は断熱性に優れているため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
環境負荷:木材は再生可能資源であり、環境負荷が低いというメリットがあります。

3. 木造住宅のメリット
木造住宅には、以下のようなメリットがあります。
コストパフォーマンス:鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べてコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。
デザイン性:木材は温かみのある素材なので、和モダンなデザインなど、様々なデザインに対応できます。
施工期間:鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて施工期間が短いというメリットがあります。

4. 木造住宅のデメリット
木造住宅には、以下のようなデメリットがあります。
耐久性:鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて耐久性が低いというデメリットがあります。
防火性:鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて防火性が低いというデメリットがあります。
シロアリ対策:シロアリの被害を受けやすいというデメリットがあります。
定期的なメンテナンス:鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて定期的なメンテナンスが必要です。

5. 木造住宅のメンテナンス
木造住宅は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて劣化しやすいというデメリットがあります。
そのため、定期的なメンテナンスが重要です。
主なメンテナンス項目は以下の通りです。
外壁の塗装:5~10年に1回程度
屋根の補修:10~20年に1回程度
シロアリ対策:毎年
その他:基礎の補修、水回りの修理など
修繕費用の目安は以下の通りです。
外壁塗装:30~50万円程度
屋根補修:50~100万円程度
シロアリ対策:数万円程度
上記はあくまで目安であり、実際の費用は状況によって異なります。





鉄骨住宅の維持費
1. 鉄骨住宅の特徴
鉄骨住宅は、柱や梁などの主要構造に鉄骨を使用している住宅です。木造住宅と比べて、以下の特徴があります。

耐震性:鉄骨は木よりも強度に優れているため、地震に強い住宅を作ることができます。
耐火性:鉄は燃えない素材であるため、火災に強い住宅を作ることができます。
自由度の高い設計:鉄骨は強度と柔軟性を兼ね備えている**ため、自由度の高い設計が可能となります。
施工期間:木造住宅と比べて施工期間が短い傾向があります。

2. 鉄骨住宅の具体的なメリット
鉄骨住宅には、以下のような具体的なメリットがあります。

耐震性・耐火性:地震や火災などの災害に強い
シロアリ等の害虫被害を受けにくい:木造住宅と比べてシロアリなどの害虫被害を受けにくい
経年劣化による強度低下が少ない:木造住宅と比べて経年劣化による強度低下が少ない
リフォームしやすい:自由度の高い設計であるため、リフォームしやすい

3. 鉄骨住宅の具体的なデメリット
鉄骨住宅には、以下のような具体的なデメリットがあります。

初期費用が高い:木造住宅と比べて初期費用が高くなる
修繕費用が高い:鉄骨は木よりも修繕費用が高くなる傾向がある
結露しやすい:鉄は熱伝導率が高いため、結露しやすい
冷暖房費がかかりやすい:鉄は熱伝導率が高いため、冷暖房費がかかりやすい

4. 定期的なメンテナンス
鉄骨住宅を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが重要です。具体的には、以下の内容を定期的に行う必要があります。

防錆塗装:鉄骨の錆を防ぐために、定期的に塗装する必要があります。
鉄骨の点検:鉄骨に亀裂や歪みなどの異常がないか、専門業者に点検してもらう必要があります。
外壁の塗装:外壁の塗装が剥がれていたり劣化している場合は、塗り替えが必要となります。
屋根の点検・修理:屋根に破損や劣化がないか、専門業者に点検してもらう必要があります。

5. 修繕費用の目安
鉄骨住宅の修繕費用は、修繕内容や業者によって異なりますが、以下のような目安となります。

防錆塗装:10坪あたり約20万円~30万円
鉄骨の点検:1回あたり約5万円~10万円
外壁の塗装:10坪あたり約30万円~50万円





建材別の維持費の違い
1. 外壁材
外壁材は、雨風や紫外線から家を守る重要な役割を果たします。

代表的な外壁材とその維持費の目安は以下の通りです。

サイディング:比較的安価でメンテナンス性も高いですが、経年劣化による色褪せやひび割れが発生しやすい
維持費目安:年間数千円~数万円
タイル:耐久性が高く高級感もあるが、施工費やメンテナンス費が高くなる
維持費目安:年間数千円~数万円
木板:自然な風合いが人気だが、定期的な塗装や防腐処理が必要
維持費目安:年間数万円~十数万円
金属サイディング:軽量で耐久性も高いが、デザインが限られる
維持費目安:年間数千円~数万円
漆喰:調湿性に優れ、カビやダニの発生を抑制できるが、施工費が高くなる
維持費目安:年間数千円~数万円

2. 屋根材
屋根材は、雨や雪、風から家を守る重要な役割を果たします。
代表的な屋根材とその維持費の目安は以下の通りです。

スレート:軽量で施工性も高いが、経年劣化による割れや色褪せが発生しやすい
維持費目安:年間数千円~数万円
金属屋根:耐久性が高く軽量だが、初期費用が高くなる
維持費目安:年間数千円~数万円
瓦:耐久性が最高だが、重量が重く、施工費も高くなる
維持費目安:年間数千円~数万円
セメント瓦:スレートよりも安価だが、重量が重く、経年劣化による色褪せやひび割れが発生しやすい
維持費目安:年間数千円~数万円
アスファルトシングル:軽量で施工性も高いが、耐久性は比較的低い
維持費目安:年間数千円~数万円

3. 床材
床材は、毎日歩く場所なので、耐久性やメンテナンス性、足触りなどを考慮する必要があります。

代表的な床材とその維持費の目安は以下の通りです。

フローリング:種類が豊富で比較的安価だが、傷やへこみがつきやすい
維持費目安:年間数千円~数万円
タイル:耐久性が高く水拭きも可能だが、足触りが硬く、冬は冷えやすい
維持費目安:年間数千円~数万円
カーペット:足触りが柔らかく、防音性も高いが、汚れやダニの発生に注意が必要
維持費目安:年間数千円~数万円


まとめ
いかがでしたか?
マイホームの維持費はどこを直すかなどによって異なりますが、定期的なメンテナンスを行うには費用もそれなりにかかるでしょう。
マイホーム購入をお考えの方は是非参考にしてみてくださいね!

私たちオヤスク.comでは、足立区、葛飾区を中心に城東エリアの新築購入を仲介手数料最大無料で承っております。webサイトで24時間受け付けているのでぜひぜひお気軽にご相談ください!


新築購入を考えている物件が仲介手数料無料になるか確認したい方はこちらら!

≪ 前へ|新築購入の資金計画とは?諸経費はどれぐらいかかるのか、アナタはいくら借りれるのかを解説!   記事一覧   【2025年義務化】省エネルギー住宅とは?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

気になる物件が