不動産売買の仲介手数料無料|オヤスク.com > お役立ちコラム一覧 > 【2024年版】新築購入時にもらえる補助金や助成金・税金優遇のまとめ

【2024年版】新築購入時にもらえる補助金や助成金・税金優遇のまとめ

≪ 前へ|後悔しないために学んでおこう!「エコカラット」の特徴は?   記事一覧   新築購入した人に聞いた!家を買うなら何を重視する?|次へ ≫

【2024年版】新築購入時にもらえる補助金や助成金・税金優遇のまとめ

カテゴリ:新築購入


皆さんこんにちは!オヤスク.comです。
新築で住宅を購入すると、住宅そのものの価格はもちろん、その他にも何かと出費がかさみますよね。

そこで今回は、足立区・葛飾区を中心に城東エリアでの新築購入をお考えの方に、もらえる補助金・助成金、税金優遇制度をご紹介していきます。
この記事を参考に補助金・助成金、税金優遇制度を最大限に利用してください!


新築購入のお問合せはコチラから↓
「オヤスク.com」なら仲介手数料最大無料!


※この記事は2024年4月11日時点の情報です。

2024年最新の新築購入でもらえる助成

金・助成金

2024年現在、新築住宅購入時に利用可能な主な助成金は以下のとおりです。

1. 子育てエコホーム支援事業

省エネ性能の高い新築住宅を購入する子育て世帯・若者夫婦世帯を対象とした補助金

最大100万円/戸

申請受付期間:2024年3月下旬~

詳細:https://kosodate-ecohome.mlit.go.jp/


2. ZEH化等支援事業

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及促進のための補助金

最大100万円/戸

詳細:https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html


3. 地域型住宅グリーン化事業

自治体独自の補助金制度

内容は自治体によって異なる

詳細は各市町村のホームページをご確認ください。


4. その他

住宅ローン減税

登録免許税の軽減

不動産取得税の軽減


注意点

・助成金の交付要件はそれぞれ異なるため、詳細は各制度のホームページを確認する

・申請には期限があるため、早めに準備する


参考情報→国土交通省: https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/

環境省: https://www.env.go.jp/guide/info/ecojin/scope/20210609.html







2024年新築購入で適用される税金の優遇

制度・軽減措置

2024年現在、新築住宅購入時に適用される主な税金の優遇制度・軽減措置は以下のとおりです。


1. 住宅ローン減税

住宅ローンを利用して新築住宅を購入した場合に、所得税と住民税が軽減される制度

最大40万円/年(所得税20万円、住民税20万円)

適用期間:10年間


2. 登録免許税の軽減

新築住宅を購入した場合に、登録免許税が軽減される制度

床面積50㎡超80㎡以下の場合:軽減税率1%

床面積80㎡超280㎡以下の場合:軽減税率2%


3. 不動産取得税の軽減

新築住宅を購入した場合に、不動産取得税が軽減される制度

床面積50㎡超120㎡以下の場合:軽減税率3%

床面積120㎡超280㎡以下の場合:軽減税率4%


4. 固定資産税の軽減

新築住宅を購入した場合に、固定資産税が軽減される制度

軽減期間:新築住宅の場合は3年間

*詳細は各市町村のホームページをご確認ください


5. 贈与税の非課税措置

新築住宅取得資金の贈与に対して、一定の条件を満たせば贈与税が非課税になる制度

非課税枠:1,200万円


注意点

これらの優遇制度・軽減措置を受けるためには、それぞれ一定の条件を満たす必要があります。

詳細は、国税庁や各市町村のホームページを確認してください。


その他

不動産会社

ハウスメーカー

これらの優遇制度・軽減措置は、新築住宅購入時の税金負担を軽減することができます。

具体的な制度の内容や適用条件は、各制度のホームページを確認してください。




コチラの記事も読まれています|新築購入時のペアローンはおすすめ?




各地方自治体による補助金・助成金の制度

各地方自治体では、地域活性化や子育て支援などを目的として、様々な補助金・助成金制度を設けています。

主な制度は以下のとおりです。


1. 住宅購入支援

新築住宅や中古住宅を購入する際に、補助金を交付する制度

対象となる物件や助成金額は自治体によって異なる


2. リフォーム支援

住宅の耐震改修や省エネ改修を行う際に、助成金を交付する制度

助成対象となる工事や助成金額は自治体によって異なる


3. 子育て支援

子育て世帯に、児童手当や保育料助成などの支援を行う制度

対象となる世帯や支援内容は自治体によって異なる


4. 事業支援

中小企業や個人事業主に対して、創業支援や設備投資支援などの助成金を行う制度

助成対象となる事業や助成金額は自治体によって異なる


5. その他

農業支援

観光振興

環境保護


情報収集方法

各地方自治体のホームページには、補助金・助成金制度に関する情報が掲載されています。


注意点

補助金・助成金制度は、年度によって変更される場合があります。

申請には期限があるため、早めに準備が必要です。


その他

不動産会社

ハウスメーカー

自治体の窓口

これらの補助金・助成金制度を活用することで、様々な費用を軽減することができます。

詳細は、各地方自治体のホームページや補助金・助成金情報サイトなどで確認してください。



コチラの記事も読まれています|新築購入をする時は何から始める?




まとめ

マイホームは人生で高額な買い物ですから、なんとか費用の負担を減らしたいものです。

補助金や助成金だけでなく、税金の軽減や非課税措置のことも合わせて考えましょう。


私たちオヤスク.comでは、足立区、葛飾区を中心に城東エリアの新築購入を仲介手数料最大無料で承っております。webサイトで24時間受け付けているのでぜひぜひお気軽にご相談ください!


新築購入を考えている物件が仲介手数料無料になるか確認したい方はこちらから!

≪ 前へ|後悔しないために学んでおこう!「エコカラット」の特徴は?   記事一覧   新築購入した人に聞いた!家を買うなら何を重視する?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

気になる物件が